2009年

2009は総検査数147件で、内訳は以下の通りです。

上部消化管内視鏡検査(EGD) 89件
下部消化管内視鏡検査(CF) 58件

EGDの結果は以下の通りです(重複しています)。

胃がん 1件
胃潰瘍、同瘢痕 38件
急性胃炎、慢性胃炎 56件
ヘリコバクターピロリ菌胃炎 17件
びらん 7件
術後胃 4件
胃ポリープ 15件
ヘリコバクターピロリ菌除菌後 9件
十二指腸潰瘍、同瘢痕 22件
逆流性食道炎 40件
バレット粘膜 3件
食道裂肛ヘルニア 1件
正常 1件
その他 8例

胃がんの1件は県立静岡がんセンターに御紹介いたしました。拡大内視鏡とNBIを使ってようやく発見できた微小がんで、現在は経過観察しています。センターの小野先生と意見を交換し、いずれもう少し大きくなったら内視鏡的治療を行う予定です。

CFの結果は以下の通りです。(重複しています)

大腸がん 4件
大腸腺腫 22件
ポリープ 17件
憩室症 16件
感染性腸炎 3件
メラノーシス 3件
潰瘍性大腸炎 3件
直腸出血 2件
非特異性腸炎 1件
虚血性腸炎 2件
その他 4件
正常 5件
不完全検査 2件

大腸がんの2件は当院で、検査と同時に内視鏡的ポリープ摘出術を行い、適切に治療が出来ました。1件は他院から紹介されて検査。内視鏡的に進行がんで県立静岡がんセンターに紹介しました。当院で、CF検査時と同時に内視鏡的ポリープ摘出術を15件行いました。昨年より大腸がん、腺腫、ポリープの件数は4件増えています。しかし内視鏡的に摘出するべき病変は減っています。その他潰瘍性大腸炎等の病変が増えてきています。