2008年

2008は総検査数118で、内訳は以下の通りです。

上部消化管内視鏡検査(EGD) 75件
下部消化管内視鏡検査(CF) 43件

EGDの結果は以下の通りです(重複しています)。

胃がん 4件
腺腫 3件
潰瘍 42件
潰瘍瘢痕 33件
粘膜下腫瘍 6件
急性胃炎、慢性胃炎 50件
びらん 12件
逆流性食道炎 30件
マロリーワイス症候群 1件
食道異物 1件
術後胃 4件
食道裂肛ヘルニア 1件
アニサキス症 1件
正常 3件

胃がんの4件は全て県立静岡がんセンターに御紹介いたしました。 そのうち、2件は早期胃がんを疑い紹介しています。1件は内視鏡的治療を行いましたが、その後追加手術を行いました。

CFの結果は以下の通りです。(重複しています)

大腸がん 4件
大腸腺腫 14件
ポリープ 20件
潰瘍性大腸炎 1件
非特異性腸炎 4件
憩室症 17件
正常 3件
不完全検査 1件

大腸がんの1件は内視鏡的に進行がんで県立静岡がんセンターに紹介、手術しました。2件は早期大腸がんを疑い内視鏡的治療目的に県立がんセンターに紹介、内視鏡的治療後追加手術を行いました。1件は東部病院にて院長が内視鏡的摘出術を施行しました。  当院で、CF検査時と同時に内視鏡的ポリープ摘出術を16件行いました。