2017年内視鏡検査

2017年の総検査数302件で、前年より27件増加しました。内訳は以下の通りです。
上部消化管内視鏡検査(EGD) 153件
下部消化管内視鏡検査(CF) 149件

EGDの主な結果は以下の通りです(重複しています)。

胃がん  2件
胃潰瘍、同瘢痕 28件
急性胃炎、慢性胃炎 59件
ヘリコバクターピロリ菌胃炎 22件
術後胃  2件
胃・十二指腸ポリープ 17件
ヘリコバクターピロリ菌除菌後  2件
十二指腸潰瘍、同瘢痕  4件
逆流性食道炎 86件
バレット粘膜  2件
正常  8件

その他(アニサキス、アカラジア、粘膜下腫瘍、食道炎等)がありました。

上部消化管内視鏡検査(EGD)は前年より3例の増加でした。ヘリコバクターピロリ菌除菌治療後の早期胃がんがあったことは驚きました。今後も気を緩めないで検査を行っていかなければならないと思いました。

CFの主な結果は以下の通りです。(重複しています)

大腸がん  2件
ポリープ 88件
憩室症 21件
感染性腸炎  1件
 1件
潰瘍性大腸炎  1件
大腸炎・直腸炎  6件
虚血性腸炎  1件
正常 21件
不完全検査  4件
大腸メラノーシス  4件

前年より24件増加しています。相変わらず大腸がんが発見されています。検査と同時に内視鏡的ポリープ摘出術を行い、病理組織検査で大腸がんと診断された方もいます。気を抜かずにしっかりと検査をしていきたいと思います。急性出血で行った検査は3例ありました。大腸がん検診二次検診を専門医がやる必要があります。当院では2名おります。北駿地区では圧倒的に供給不足となっています。来年も検査を増やせる体制を作っていきます。