アメリカ消化器病学会に参加しています。

今年もアメリカ消化器病学会(American college of gastroentrology)(ACG)に参加しています。殆ど9割以上はアメリカの消化器医ですが日本他世界から6,000人に近い医師が参加しています。金曜日から日曜日の3日間は卒後研修会が行われます。消化器病臨床1年間の進歩が講義されます。これと同じ卒後研修が日本では出来ません。そのために毎年参加しています。今年は脂肪肝のことが話題でした。当院にも多くの脂肪肝の方がおられます。日本とアメリカでの脂肪肝は少し違うようですが、脂肪肝から肝臓がんになるのは同じと思われました。その他日本では殆ど取り上げらない、便秘、下痢、腹痛、便失禁、胸痛、腹痛などの機能性消化器疾患には多くの時間が費やされました。帰国したら役に立てたいと思います。

高橋先生も参加されたために、当院は10月3日から12日まで休診させていただきました。ご迷惑をおかけしました。13日から再開します。