医師紹介

院長紹介

荒川 正一(あらかわ しょういち)ishi

医学博士

日本内科学会公認 総合内科専門医

日本消化器病学会認定 消化器病専門医

日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医・指導医

日本体育協会公認 スポーツドクター

Fellow of American college of Gastroenterology

 

経歴

私は大学卒業後すぐに東京都内の病院に入り研修医となりました。
そこで、内科・外科・産婦人科・小児科麻酔科・脳神経外科をまわり、3日に1回の当直という厳しい指導を受け、
医学全般にわたる知識を得ることができました。 
同時に、ここには都立民生病院が併設されており、社会の底にいる方への医療も経験することができました。 
3年目からは消化器内科に所属して消化器病の知識を増やし、レントゲン検査や内視鏡検査を勉強しました。
この間に慶應義塾大学放射線科の故熊倉先生にご指導いただきました。 
6年目になると茅ヶ崎徳洲会病院において若き研修医へ消化器内科の指導を始めました。自分自身の実践も並行して
行いました。 
8年目からは東海大学第3内科で、肝臓病・消化器病・すい臓病・内視鏡の研究と治療に従事しました。先輩の先生
方に指導を受けながら、多くの学会発表をこなしました。 
この時から東海大学サッカー部に招かれてスポーツ医学の実践に入りました。体育学部の運動部(サッカー部・
バレーボール部・ラグビー部・柔道部・バドミントン部・ハンドボール部・バスケットボール部)の先生方には
貴重な機会を与えていただき感謝しております。 
同時期から旧村上病院へ毎週1回の診察に来るようになり、ここで御殿場市に関係ができました。
複生病院から旧ハンセン氏病患者さんのかかえる多くの一般診療を手伝ってほしいとの依頼を受け、神山に来る
ことになりました。 
その後、東京歯科大学市川総合病院、大船中央病院で消化器内科の専門医となり、診療をしていました。

サッカーの関係で縁ができた大阪体育大学でスポーツ医学の教授に就任し、6年間教職についておりました。
この間にはユニバーシアード日本代表が北京大会優勝、U-20日本代表がワールドユースナイジェリア大会準優勝を
果たし、そのチームドクターとして帯同し喜びを分かち合うことができました。 
そして、神山復生病院で神山地区の地域医療を開始しました。 
今回さらにこれを発展させる必要性を理解していただき、時之栖・荒川クリニックを開業いたしました。

職歴

昭和53(1978)年 6月 東京都済生会中央病院内科研修医

昭和53(1983)年 6月 茅ヶ崎徳洲会病院内科医員(消化器内科)

昭和60(1985)年 4月 東海大学助手・医学部付属病院勤務(消化器内科)

昭和60(1985)年10月 東海大学助手・医学部付属大磯病院勤務(消化器内科)

平成 2(1990)年 1月 御殿場市村上病院副院長

平成 3(1991)年 7月 東海大学助手・医学部同付属病院勤務(消化器内科)

平成 5(1993)年 6月 東京歯科大学講師・市川総合病院勤務(消化器内科)

平成 8(1996)年 5月 大船中央病院内科医長

平成 9(1997)年 4月 大阪体育大学教授(スポーツ医学)

平成15(2003)年 4月 神山復生病院副院長

平成19(2007)年11月 時之栖・荒川クリニック院長

 

 

スポーツ関係の経歴

昭和60年 東海大学サッカー部チームドクター

昭和60年 (株)東邦チタニウムサッカー部チームドクター

平成元年 東海大学体育クラブ健康管理研究会ドクター

平成 5年 関東大学サッカー連盟医事部会(総務)

平成 8年 全日本大学サッカー連盟医事委員会(総務)

平成 9年 関西大学サッカー連盟医事委員

平成12年 全日本大学サッカー連盟医事委員長(平成19年まで)

平成15年 時之栖アカデミックスポーツクラブメディカルアドバイザー

平成19年 全日本大学サッカー連盟医事委員

平成19年 全日本大学女子サッカー連盟医事委員長

 

海外遠征等

1995年 福岡ユニバーシアードサッカー日本代表チーム メディカル・スタッフ(金メダル)

1997年 ワールドユースカップナイジェリア大会    日本代表チームドクター(銀メダル)

2007年 北京ユニバーシアード サッカー        日本代表チームドクター(金メダル)

2007年 バンコックユニバーシアード サッカー     日本代表チームドクター(第5位)

 

 

医師紹介

高橋 裕(たかはし ひろし)ishi2

第2・第4土曜日の診療を担当いたします

三菱電機大船工場診察室長

 

 

 

 

医師紹介

佐藤 和一(さとう わいち)

内科の診療を担当いたします